バーナー症候群について

バーナー症候群とは

頚部や肩部の神経が引き伸ばされることによる、焼けるような熱い痛みやしびれ、握力低下が主な症状です。正式には『頚部神経過伸展症候群』と言います。
 
 
 
 

症状の原因

1.アメフトやラグビーなど激しい当たりの時に頭・首・肩への衝撃
2.ソフトボール・やり投げなどの重い物を投げる競技での投げ方の悪さや筋力不足
 

治療法

一般的に受傷後すぐは安静・冷却が基本となります。一度受傷すると癒着などを起こし痛みが出やすくなるため、普段痛みがないからといって競技復帰すると悪化することが多々あり、いずれ競技が続けられなくなります。
自分で判断せず当院へお越しください。当院では、やってはいけない動作や投げ方・筋力トレーニングの指導を行い、最短期間での競技復帰をめざします。

Return to Top

コメントは受け付けていません。