[手代表的な疾患]

転倒時に手を着き、手首が痛む
骨折、手関節ねんざ など
小指側の手首が痛む
TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷
腱鞘炎 など
手首を使い過ぎると痛む
手関節腱鞘炎 など
親指側の手首が痛む
ドケルバン病、腱鞘炎 など
手首周囲の豆状のふくらみ
ガングリオン
指先や手のひらがしびれる
ギヨン管症候群、手根管症候群 など
突き指
骨折、掌側板損傷、側副靭帯損傷 など
指をぶつけたり、ひねったりして指先が伸びない
槌指(マレットフィンガー)
指を曲げるとひっかかる
ばね指
第1関節(指先から最初の関節)がはれて時々痛む
ヘバーデン結節
第2関節(指先から2つ目の関節)がはれて時々痛む
ブシャー結節

壁などを殴り、拳が痛む
ボクサー骨折、打撲

橙色の症状に対する治療法について、ご紹介いたします。


カテゴリー:
Return to Top

腱鞘(けんしょう)炎の治療について

腱鞘(けんしょう)炎とは

腱を覆う膜である腱鞘と腱が、何かの原因により炎症を起こすものです。手をよく使う仕事や趣味(手芸など)・スポーツなどでみられ、手関節周囲に多いです。
 

症状の原因

ほとんどのものがOVER USE(使い過ぎ)によるものが多いです。
まれにアライメント不良(骨格の歪み)により、普通に使っていてもなることがあります。
 

治療法

一般的に、痛みの強い時期は安静・冷却。
痛みが落ち着いてきたら温熱療法や運動療法をします。
当院では、固くなっている筋群をほぐすストレッチ指導や、
痛みを再発させないための手の使い方指導、フォーム指導や、
アライメント不良による場合は、骨格調整法などを行います。
また、痛みが軽い場合は、なるべくスポーツが続けられるよう、
スポーツマッサージやキネシオテーピングなどでサポートさせていただきます。

カテゴリー:
Return to Top

気になる所をクリック!

代表的な疾患は当院で治療できます。
検査し必要な場合は、専門医を紹介します。

痛みを我慢すると症状が悪化し、治りが悪くなりますので、
下記の症状でお困りの方は、お早めに当院へお越しください。

各痛みについて、当院の治療法を簡単にご紹介させていただきます。

Return to Top