肩・腕

[肩の代表的な疾患]

40歳以上で原因なく痛む
四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)、腱板損傷 など
夜、痛みが強くなる
四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)、腱板損傷 など
動かすと激痛がはしる
腱板損傷、石灰沈着性腱板炎 など
投球の繰り返しで痛めた
野球肩(リトルリーグ肩)、SLAP病変、
絞扼性神経障害 など
肩こりが強く、時々頭痛がする
緊張性頭痛 など
腕を上に挙げる時や肩を回す時に音がする
腱板損傷、肩甲胸郭関節障害 など
事故やけがなどで肩が痛み、腕が挙がらない
骨折、腱板損傷、RSD など
重いものを持つと肩の前が痛む 
上腕二頭筋腱炎 など
腕を上に挙げると痛む
インピンジメント症候群、腱板疎部損傷 など
肩関節が外れた
肩関節脱臼 など
事故やけがなどで肩の上が膨らんだ
肩関節脱臼 など
転倒時に手を着き、肩が痛む
肩関節ねんざ

[腕の代表的な疾患]

投球時やテニスなどのフォアハンドで肘が痛む
野球肘、離断性骨軟骨炎 など
テニスなどのバックハンドで肘が痛む 
テニス肘、離断性骨軟骨炎 など
重いものを持つや家事で肘が痛む 
上腕骨上顆炎 など
肘や腕をぶつけて痛む
骨折、打撲 など
事故やけがなどで肘が痛み 
骨折、側副靭帯損傷 など
転倒時に手を着き、肘が痛む
骨折、側副靭帯損傷 など
6歳以下の子供で、急に肘を痛がり腕を上げない
肘内障

橙色の症状に対する治療法について、ご紹介いたします。


Return to Top

四十肩・五十肩について

四十肩・五十肩

正式には『肩関節周囲炎』といい、40歳代から50歳代に多く、特にきっかけもなく肩関節を動かすと肩や腕に痛みが生ずるのが、主な症状です。

症状の原因

一般的に、痛みの強い時期は安静・冷却です。軽い痛みや肩関節の動きの悪い時期は腕を振り子のように動かす運動をします。

自然に治ることもありますが、肩関節の固さや痛みが残ることもありますので、自分で判断せず当院へお越しください。 当院では、肩関節の柔らかくする手技療法や、運動指導を行います。

治療法

「五十肩だと思って痛みを気にせず生活していたら、ある日激しい痛みがはしりました。」と、当院へ来院された方がいて、精密検査の結果『腱板損傷』だったということがありました。

『腱板損傷』は、50歳以上になると洗濯物を干したり、ゴルフスイングをしただけでもなります。

Return to Top

野球肩について

野球肩とは

投球動作により起こる肩の障害を総称して『野球肩』といいます。
正式には、『肩関節捻挫』や『筋炎』、『腱炎』、『インピンジメント症候群』、『腱板損傷』、『上腕骨骨端線離開(リトルリーグ肩)』等、症状によって病名がつきます。
野球以外にバレーボールやハンドボール、バトミントン、テニス、水泳、槍投げなどでも発生します。
 

症状の原因

1.間違った投球フォーム
2.筋力バランスの悪さ
3.疲労性(肩の使い過ぎや休息不足)など

Return to Top

野球肘について

野球肘とは

野球などの投球動作や、テニスのフォアハンド時に肘が痛むことの総称で、正式には、症状により『上腕骨内側上顆炎』や『肘関節捻挫』、『前腕部挫傷』といいます。 スポーツ以外でも手首をよく使う仕事の方などが発症し、手首を曲げる動作で痛むのが特徴です。
 

症状の原因

手首の使い過ぎや疲労の蓄積により、手関節屈筋群(手首を手のひら側へ曲げる時使う筋肉)が固くなり、その筋肉のついている腱や骨膜に炎症を起こしている状態です。 間違った投球フォームでもなります。

Return to Top

テニス肘について

テニス肘(ゴルフ肘)とは

iテニスのバックハンドやゴルフのスイング時に肘が痛むことの総称で、正式には、症状により『上腕骨外側上顆炎』や『肘関節捻挫』、『前腕部挫傷』といいます。
スポーツ以外でも家事などで発症し、雑巾絞りの動作で痛むのが特徴です。


 

症状の原因

手首の使い過ぎや疲労の蓄積により、手関節伸筋群
(手首を手の甲側へ曲げる時使う筋肉)が固くなり、その筋肉のついている
腱や骨膜に炎症を起こしている状態です。
 

治療法

一般的に、痛みの強い時期は安静・冷却。
痛みが落ち着いてきたら温熱療法や運動療法をします。
当院では、固くなっている筋群をほぐすストレッチ指導や、痛みを再発させないための手首の使い方指導、フォーム指導などを行います。
また、痛みが軽い場合は、なるべくスポーツが続けられるよう、スポーツマッサージやキネシオテーピングなどでサポートさせていただきます。

Return to Top

気になる所をクリック!

代表的な疾患は当院で治療できます。
検査し必要な場合は、専門医を紹介します。

痛みを我慢すると症状が悪化し、治りが悪くなりますので、
下記の症状でお困りの方は、お早めに当院へお越しください。

各痛みについて、当院の治療法を簡単にご紹介させていただきます。

Return to Top