テニス肘について

テニス肘(ゴルフ肘)とは

iテニスのバックハンドやゴルフのスイング時に肘が痛むことの総称で、正式には、症状により『上腕骨外側上顆炎』や『肘関節捻挫』、『前腕部挫傷』といいます。
スポーツ以外でも家事などで発症し、雑巾絞りの動作で痛むのが特徴です。


 

症状の原因

手首の使い過ぎや疲労の蓄積により、手関節伸筋群
(手首を手の甲側へ曲げる時使う筋肉)が固くなり、その筋肉のついている
腱や骨膜に炎症を起こしている状態です。
 

治療法

一般的に、痛みの強い時期は安静・冷却。
痛みが落ち着いてきたら温熱療法や運動療法をします。
当院では、固くなっている筋群をほぐすストレッチ指導や、痛みを再発させないための手首の使い方指導、フォーム指導などを行います。
また、痛みが軽い場合は、なるべくスポーツが続けられるよう、スポーツマッサージやキネシオテーピングなどでサポートさせていただきます。

Return to Top

コメントは受け付けていません。