四十肩・五十肩について

四十肩・五十肩

正式には『肩関節周囲炎』といい、40歳代から50歳代に多く、特にきっかけもなく肩関節を動かすと肩や腕に痛みが生ずるのが、主な症状です。

症状の原因

一般的に、痛みの強い時期は安静・冷却です。軽い痛みや肩関節の動きの悪い時期は腕を振り子のように動かす運動をします。

自然に治ることもありますが、肩関節の固さや痛みが残ることもありますので、自分で判断せず当院へお越しください。 当院では、肩関節の柔らかくする手技療法や、運動指導を行います。

治療法

「五十肩だと思って痛みを気にせず生活していたら、ある日激しい痛みがはしりました。」と、当院へ来院された方がいて、精密検査の結果『腱板損傷』だったということがありました。

『腱板損傷』は、50歳以上になると洗濯物を干したり、ゴルフスイングをしただけでもなります。

Return to Top

コメントは受け付けていません。