野球肩について

野球肩とは

投球動作により起こる肩の障害を総称して『野球肩』といいます。
正式には、『肩関節捻挫』や『筋炎』、『腱炎』、『インピンジメント症候群』、『腱板損傷』、『上腕骨骨端線離開(リトルリーグ肩)』等、症状によって病名がつきます。
野球以外にバレーボールやハンドボール、バトミントン、テニス、水泳、槍投げなどでも発生します。
 

症状の原因

1.間違った投球フォーム
2.筋力バランスの悪さ
3.疲労性(肩の使い過ぎや休息不足)など

Return to Top

コメントは受け付けていません。