坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは

腰からお尻を通って足先まである太い神経で、その坐骨神経を圧迫し、股関節やもも・足にしびれや痛みを感じる症状を、『坐骨神経痛』といいます。
 

症状の原因

1.腰椎ヘルニアによるもの
2.脊柱管狭窄症によるもの
3.梨状筋症候群などの筋肉によるもの
4.交通事故等の後遺症
 

治療法

一般的に、痛みの強い時期は安静、軽い痛みやしびれの時期は骨格調整や運動などです。
しびれや痛みが強く生活に支障を来す時は手術などと言われていますが、
自分で判断せず当院へお越しください。
当院では、骨格や骨盤をチェックし、必要であれば骨格・骨盤調整法によりゆがみを整え、痛みやしびれを解消します。

Return to Top

コメントは受け付けていません。