上尾市上尾村の接骨院 整体 あおぞら接骨院

整体・むちうち・腰痛・骨盤矯正・カイロプラクティック・スポーツ障害 埼玉スポーツケアセンター アンチアイシング整体院

予約専用電話。お問い合わせはメールでお願いいたします

なぜ冬場に骨粗鬆症になりやすいのか?

≪なぜ冬場に骨粗鬆症になりやすいのか?≫

 

最近、テレビなどで『いつの間にか骨折』などで注目されている骨粗鬆症。

 

骨粗鬆症とは、自分の骨はスカスカになり骨折しやすくなる病気です。

 

冬場は、骨粗鬆症の症状が悪化しやすいと言われていますが何故か?

 

骨粗鬆症と聞くと、皆さんカルシウム不足を考える方が多いと思います。

 

確かにカルシウム不足も原因の1つであり、病院でも薬としてカルシウム剤が出されることが多いです。

 

しかし、冬場の原因は他にあります。

 

日光浴です。

 

正確に言えば紫外線です。

 

ある種類の紫外線を浴びると体内でビタミンⅮが作られます。

 

このビタミンⅮが体内で骨を作るのに、重要な働きをしています。

 

つまり、太陽が出ている時間帯に外に出る機会が少なくなるため(日光を浴びる時間が少なくなるため)ビタミンⅮ不足となり、骨粗鬆症が悪化しやすいということです。

 

特に車通勤の方は、窓ガラス越しに浴びる日光は、ビタミンⅮを作る紫外線がシャットアウトされているので意味がないため、ほとんど外にいるのにビタミンⅮが作られていない可能性が高いので、1日15分で良いので昼休みにでも外を歩く時間をつくりましょうね!

 

もっと詳しく聞きたい方は、当院まで。