上尾市上尾村の接骨院 整体 あおぞら接骨院

整体・むちうち・腰痛・骨盤矯正・カイロプラクティック・スポーツ障害 埼玉スポーツケアセンター アンチアイシング整体院

あおぞら接骨院のスポーツでケガをした子供の治療ポリシー

当院では、スポーツでケガをした子供の治療をする際、その子供が将来日本を代表する選手になると思って治療します。

そのため、
「このケガは、将来に支障をきたす可能性があるから、痛みが強くなくても2週間は休んだ方がいい」や
「このケガは、将来に支障ないから、テーピングをして続けても大丈夫!」など
という、将来トップ選手になって古傷で悩まされないように、アドバイスをさせていただきます。

現在の日本を代表する選手の中にも、子供の頃のケガが持病になってしまっている選手は、少なくありません。

また、その子供の頃のケガによる持病が原因で、引退に追い込まれているトップ選手も多い。

子供の頃の怪我を将来に残さないために、ケガをしたら早めに当院へ連れてきてください。

『肩が挙がらない』に要注意

最近、当院へ「肩が挙がらない」と来院される方が増えています。

いろいろな原因がありますが、最近多いのが肩甲下筋という肩甲骨の裏側の筋肉の損傷をおこしていることが多く、後ろから見ると肩甲骨が盛り上がって見えます。

徐々に腫れると、あまり痛みが強くない為、突然、肩が挙がりにくくなって、びっくりして来院される方が多いです。

痛みが軽くても早めに接骨院へ行きましょう!

「病院や整骨院・接骨院はどこでも一緒」は、大間違い!

整骨院・接骨院は、その院によって治療方針や治療法は結構違います。

当院は、他院より自費治療の内容が充実しております。
・骨格骨盤調整法
・カイロプラクティック
・オステオパシー
・筋筋膜リリース
・AKA
・関節モビリゼーション
・神経モビライゼーション
・バランス療法
など、保険外の治療がいろいろ受けられる為、あなたに合った治療(オーダーメイド治療)が受けられます。

金額も数百円~5千円くらいとリーズナブルな価格で提供しております。
(都内では、数万円でやっている治療もあります)

少しお金をかけてでも根本的に治したい、なるべく早く治したい方は、是非当院へお越しください。

他の病院や整骨院・接骨院、治療院との違いがわかると思いますよ!

体のゆがみの原因とは?

体のゆがみが気になっている人は意外に多く、当院には月に何十人の相談者が来ます。

皆さんのイメージでは、背骨は積み木のようになっていて、その積み木がずれるとゆがみの原因になるというイメージの人が多い。

そのため、カイロプラクティックや整体などで『ボキッ』と音をさせて無理やり戻せば治ると思っている人が多いが、実はそんなに簡単なものではありません。

例えば、ゆがみの原因だけでも
・関節や関節の膜のゆるみや拘縮
・椎間板や髄核などによる感覚神経の異常
・骨の変形
・筋の拘縮や痙攣、浮腫、筋力低下
・神経の癒着や絞扼性障害
・内科疾患や精神疾患
などと多岐にわたる。

つまり、その原因によって治療法も異なるし、行く病院も変わるということです。
また、どんな治療をしても治らないものもあります。

すぐに原因がわかるものとなかなかわからないものもあるため、基本的にも何度か治療を受けなければなりません。

自分で治せるものもあれば、自分では治せない状態のものもあります。

放置しても問題ないものと、放置すると手術や歩けなくなる可能性があるものもあります。

とにかく、まずは当院や専門家に相談してみてください。

当院の治療について②

保険が使えるかどうかはご自身の保険組合にお聞きください。

保険が使えない場合でも自費であれば治療することは可能です。

当院の治療について

当院の治療の仕組みについて書かせていただきます。

当院では保険内治療と保険外治療をさせていただいています。

マッサージ等の手技療法は、保険外治療となります。そのため保険内では、マッサージ等の手技療法は一切出来ませんのでご了承下さい。

みかんを食べよう!

風邪予防で1日1個『みかん』を食べよう!

昔から、ビタミンⅭが豊富なのは知られており、風邪予防で『みかん』を食べるという習慣がある方も多いでしょう。(ビタミンⅭが風邪予防になるという説を否定する研究者もいますが・・・)

最近の研究で『みかん』に含まれている成分で、骨を強くする成分(β-クリプトキサンチン)が見つかったそうです。

風邪予防だけではなく、骨粗しょう症予防にも『みかん』を食べましょう。

あなたの冷え性対策間違っていませんか?

最近朝、夜は昼間より急激に気温が下がり、寒くなってきました。

そのためか、寝る時など手足の先が冷たくなり、温まりにくいという方が患者さんの中でも多くなって来ました。

そういった悩みをお持ちの方で、靴下を履いて寝ているという方も中にはいるのではないでしょうか。

そのやり方は間違いです!!                             なぜなら、足の裏、手のひらには温度センサーがあり、そこで温度を感知していると言われています。

なので、靴下を履いて寝てしまうと、寝ているうちに足の裏の温度が上がり、脳が体が温まっていると誤って認識してしまい、温度を下げようと働き、余計に体の温度を下げてしまいます。そうすると体が冷え、血流が悪くなり、筋肉が硬くなり、痛みの原因になってしまいます。

そうならない為に、靴下ではなくレッグウォーマーをオススメしています。レッグウォーマーはふくらはぎから足首までを温めるものです。ふくらはぎの筋肉が働くことで、心臓に血液を戻しているのですが、ふくらはぎを温めることで血液も温まり、温まった血液が心臓に戻っていき、体が温まります。

また、寝る前に湯たんぽなどで布団の中を温めておくのもいいと思います!

冷え性でお悩みの方は、是非お試しください!

あなたのなかなか治らない痛みは、触れない筋肉が原因かも・・・

『あなたのなかなか治らない痛みは、触れない筋肉が原因かも・・・』

整形外科でレントゲンを撮っても『異常なし』と言われ、シップを貼っても治らない

マッサージや整体を受けても、その時は少し良くなるがすぐに痛みが出てくる

そんな痛みを抱えて苦しんでいる方へ

 

筋肉というものは、皮膚の上から触れる筋肉と触れない筋肉があります。

触れない筋肉は、もちろんレントゲンにも映らないし、マッサージでも触れません。

では、どうすれば良いのでしょうか?

対策1.関節を動かす。=筋肉は基本的に関節をまたいでくっついているため、関節を大きく動かせば筋肉も動きます。つまり、ストレッチなどをすることによってとれる場合が多いです。
ただし、痛みが強い場合は、他にも原因がある場合があるので専門家(スポーツトレーナーや接骨院など)に一度相談することをお勧めします。

対策2.カイロプラクティックなどの関節を動かす治療を受ける。
=技術的に難しい治療となるため、信用できる治療家を見つけましょう。

とにかく、あきらめずにやってみましょう。
そのままにしておくと、関節の骨が変形するなど取り返しのつかない状態になりますよ!

『とりあえずレントゲン』やめませんか?

体に痛みがあると、「とりあえずレントゲン撮っておけば」と整形外科に行き、
「レントゲン検査では、骨に異常がありません」と言われ、シップを出され、
「1週間様子を見て、痛かったらまた来てください」と言われる。
そして、痛みが治らないため当院へ来院するという方がたくさんいます。

しかも、「異常はないと思ったけど不安だったから、レントゲン検査だけ・・・」という方もいます。

病院の医師も「異常ないと思うけど、レントゲン検査だけしておきましょうか?」と患者に聞く医師がいる。

当院が紹介する医師は、骨に異常がない場合は、レントゲンを撮りません。

放射線量のこともあるため、子供の怪我は特に『とりあえず接骨院に』と当院をご利用ください。

接骨院では、必要な場合のみレントゲン検査や専門医の受診を勧めます。

無駄な医療費を使わなくて済みますよ!
無駄な放射線を浴びなくて済みますよ!

10月12日(土)の診療について

10月12日(土)は、台風19号に対する安全対策のため、10時30分までで診療を終了させて頂きますので、ご了承ください。

無料見学・治療体験会の日程のお知らせ

移転先で無料の見学・治療体験会を行います。

日程は下記の通りです。

9月27日(金)  10時~12時

          16時~19時30分

9月28日(土)  10時~13時

上記の時間帯は予約なしでご自由にお越しください!

上記の時間帯だと都合が悪く、来られない方はお電話いただければ、その他の時間でも対応しますのでお気軽にお電話ください!

移転のお知らせ

いつもあおぞら接骨院をご利用いただきありがとうございます。

この度、当院は新店舗へと移転することになりました。

そのため、現在の場所での診療を9月21日までとさせていただきます。

新店舗の場所、開院日は下記の通りです。

開院日  10月1日予定

住所   上尾市上尾村1339-5

電話番号 048-777-7333

今後とも変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い致します。

9月27日(金)、28日(土)に新店舗で見学会、体験会を開催します。

熱中症でも体が痛くなる場合があります。

実際に当院に来院された方のことです。

夏に合宿から帰ってきた翌日に両腕と足が痛いと当院に来院されました。

受傷した時の話を聞いてみると、特に捻ったなどの覚えはないが、合宿で対人プレーを多く行ったとの事でした。

そのまま問診を続けていると頭が痛いと訴え、おかしいと思い体温を計ってみると38度を超えていました。急いで体を保冷剤で冷やし、病院へ行ってもらいました。

後日、そのあとのことを聞くと、病院で点滴をしてもらった後痛みも無くなったとの事でした。

このように熱中症によっても体が痛くなることがあります。最近暑さが和らいできましたが、まだ熱中症になる可能性はありますので、注意してください!

診療受付時間の変更のお知らせ

7月、8月は9時30分から診療を開始していましたが、

9月から診療開始時間が10時からに戻ります。

お間違えの無いようお願いいたします。

怪我をした時には冷やした方がいいのか、温めた方がいいのかわからない方

最近、アンチアイシングという考えが広まっています。この考えというのが、

怪我をした時には冷やすよりも温めた方がいいという考え方です。

肩こりや筋肉の硬さが原因の痛みなどは温めた方が良い時が多いですが、怪我であればなんでもかんでも温めればよいというわけではありません!

例えば、急性期の怪我(怪我をしてすぐ)の時には冷やした方がよい場合があります。ただし冷やし過ぎには注意してください。凍傷になってしまう可能性があるため、15~20分くらいを目安に保冷剤や氷で冷やしてください。

このように患部を温めるか、冷やすかの判断は難しいため、ぜひ私たちにお聞きください!

お盆期間中の診療時間のお知らせ

当院はお盆期間中も診療しています!

8月13日(火)  午前休診 午後完全予約

8月14日(水)  午前、午後とも完全予約

8月15日(木)  午前、午後とも完全予約

となっており、16日(金)からは通常診療に戻ります。

13日、14日、15日の予約は前日までとなっていますので、お気軽にお電話ください!

肩の痛み、動きが悪いという方

突然ですが、急に肩が痛い、肩が上がらなくなったという事はありませんか?

そして、五十肩、四十肩と思い、歳のせいだなと思っていませんか?その痛みは当院に来れば治る可能性が高いです。

五十肩、四十肩というのは原因不明の肩の痛みを言います。当院では、どの筋肉が原因なのかを見極め、治療していきます。また、再発しないように筋トレや、ストレッチも指導しています。

肩の痛みを歳のせいにせず、一度当院にお越しください!

室内と屋外との寒暖差に注意!!!筋肉が硬くなっているかも、、、

この前までは雨で涼しい日が続いていましたが最近、急に暑くなってきました、、暑くなってきて、冷房を付けることが多くなってきたかと思います。その冷房によって体が冷えてしまったり、屋外との気温の差で体に負担がかかって筋肉が硬くなっているかもしれません!

自宅で冷房を付ける場合は自分で温度や風向きを変えられるので、冷えすぎるという事はないと思いますが、職場で温度や風向きを変えられない場合は対策が必要になってきます。例えば、ひざ掛けをもっていったり、薄手のカーディガンなどを持っていきはおったりするのもいいと思います。

また、屋内で涼しいため水分補給を忘れがちになることにも注意が必要です!

もし、最近腰や肩が重だるいと感じたりしている方!当院に来れば楽になると思いますよ!!気軽にお越しください。

オスグッド・シュラッター病

オスグッド・シュラッター病とは、10歳代前半のスポーツをしている男の子に多いと言われている怪我で、膝の少し下にある脛骨粗面と言われる場所に痛みが出るものです。

この怪我はいわゆる成長痛の一つで、太ももの前の筋肉が硬かったり、過度に使い過ぎてしまうと痛みが出てきます。

痛みは18歳くらいになれば治まることが多いですが、症状が強い子は、徐々に痛みがある場所が膨隆してきてしまい、その膨隆が治らないまま治癒してしまうことがあります。そうすると、将来正座をする時に痛みが出たり、スポーツをした時に痛みが出やすくなったりします。

当院では、テーピングや、再発防止のための筋トレやストレッチを教えています。ぜひ、当院にお越しください!